手のひらサイズのインテリジェントドローン登場

MicroDrone 4.0は、低価格でありながら最先端のデザイン、Neurala社の人工知能を搭載。
2軸ジンバルや自動ホバリング等の機能をもち、これまでのこのサイズのドローンでは
撮影出来なったレベルの高品質な映像を撮影できる次世代のドローンです。

概要 SUMMARY

2019年1月よりアメリカのクラウドファンディングサイト「indeegogo」にて予約販売を開始し
すでに1億以上のファンディングに成功し大きな話題になっています。
アメリカに引き続き日本でも4月からクラウドファンディングでの先行販売を開始予定になっています。
このページの最下段でメールアドレスをご登録頂いた皆様には、
日本でのクラウドファンディングの開始時期やお得な情報をお知らせいたします。
ぜひ、ご登録をお願いいたします。 ※Neurala:人工知能をドローン、ロボット、自動車、一般家電に対して提供するソフトウェア・サービスを開発する企業

お知らせ

INFORMATION

MicroDrone 4.0

クラウドファンディング「makuake(マクアケ)」で
予約販売を実施しています!

はじめに IN THE BEGINNING

手頃な価格で、スムーズな空中写真用に設計された小型・スマートなクワッドロータードローン。
Micro Drone 4.0は、これまでのエントリーレベルのドローンと、
高価なプロユースのドローンの間を埋める存在となるために生まれました。

なぜこのドローンが
誕生したのか?

Microdrone4.0をつくった3つの理由。
これまでのドローンは、大きくて重くて高価なドローンだけが、
安定したビデオ映像を撮影することができました。
私達Micro Drone 4.0の開発チームは過去3年間、
お客さまがドローンに望む3つのニーズの調査を行い
すべてのユーザーにとって理想的なDroneの設計に着手しました。

自動ホバリング

iPhoneを使うのと同じくらいに簡単に飛ばすことができるよう、
自動ホバリング機能を強化しました。

安定して滑らかな映像を撮影できる高品質のビデオ

ドローンを購入する人のほとんどが、
プロが撮影するようなスムーズな映像を撮影できる期待しますが、
ほとんどの小型ドローンはstabilization(安定化させる機能)が
ないのと、カメラが固定されているため、
安定した映像を撮影できません。
Microdrone4.0はHD 1080 pビデオを搭載し、
安定化させるための機能を強化しました。

手ごろな価格

ドローンを購入したいと考えていても
プロユースのドローンは高価です。
私達は機能を絞り、ドローンを購入したい人が
手頃な価格帯で購入できるよう設計しました。

映像 MOVIE

Micro drone4.0ではジンバルを搭載することで高品質な映像が撮影できます。 ※Micro Drone 4.0のテスト用プロトタイプにて撮影した未編集1080 pFHD映像と、
プロ向けドローンであるDJI Inspireとを比較した映像をご覧ください。

FEATURE DETAIL PART

FEATURE DETAIL PART SPEC

Microdrone4.0の
主な機能

Micro Drone 4.0は経験があまり無いユーザーでも安心して操縦
できるようセルフホバリング等の機能があります。

クイック起動

電源ボタンを3回押すと自動で離陸します。

自動離陸/着陸

地上からのドローンの離発着もワンタッチで操作可能です。

スロー&ゴー

MicroDrone4.0は空中に投げて即座にモーターを始動させ、
そのまま自動ホバリングさせることも可能です。

スムースな操縦性能

これまで蓄積してきたノウハウを生かして簡単な操縦操作で
スムーズな飛行を可能にしました。

自動ホバリング

気圧センサーと下向きオプティカルフローカメラによる
ビジュアルセンサーを組み合わせることで、
空中で安定した正確なホバリングが可能になりました。

高品質なビデオ撮影

1080pのフルHDビデオは安定した飛行技術と共に、
更に美しく滑らかな映像の撮影を可能にしました。

2軸ジンバルの搭載

Micro Drone 4.0のジンバル技術は、垂直軸と回転軸の2軸の
動きを安定化させます。1年半に渡る開発で、
安価なカメラ付きドローンでは不可能だった2軸ジンバルの
搭載が可能となりました。

高機能カメラの
搭載

1080pHDカメラは、より広範囲な映像の撮影を可能にします。
私達は鮮明で高品質のビデオや写真を撮影できるカメラを搭載しました。

1080p HDカメラ搭載

SNS等で共有するのに最適な高解像度カメラを選択しました。
110°の視野を持つ1080pフルHDカメラを搭載しています。

強力なビデオエンコーディング

最高1.2GHzで動作し、より優れた撮影性能を発揮します。
1080p @ 30FPSおよび720p @ 60FPSでH.264をサポートします。

Sony製CMOSセンサー搭載

Sony製CMOSイメージングセンサーと、
F2.6アパーチャを備えたビデオプロセッサにより、
Micro Drone 4.0の高精細カメラはより優れた発色と多くの
光を捉えることができます。

Qualcomm®製ワイヤレステクノロジのストリーミング技術

Qualcomm®によるワイヤレスストリーミング - デュアルアンテナは、
長時間(400フィート)にわたって、空中HDカメラから中断のない
ライブビデオストリームをスマートフォンに送信することで、
パイロットは簡単にリアルタイムで完璧なショットを
捉えることができます。

オンボードメモリ

オンボードストレージは、最大の解像度と最高のフレームレートで
ビデオ映像を保存し、内蔵のWi-Fiネットワーク接続を使用して
Micro Drone 4.0とスマートフォンの間をシームレスに転送します。

EIS(Electronic Image Stabilization)

航空カメラパッケージを補完するために、EISアルゴリズムを
統合して安定性を高め、機械的な飛行安定化を補完することで、
マルチローターのパイロット経験の少ない人でも滑らかで
安定した航空ビデオを実現します。

MICRO DRONE 4.0で撮影した映像

アプリ APPLICATION

Extreme FliersのMicroDrone4.0用のアプリはすでに完成しており、
アプリではSNSへの共有も簡単にできます。

Facebook / YouTube liveへの投稿も可能

カスタムキャリブレーション

カメラのシャープネス、露出、彩度、レベルなどを、
簡単にスライダで調整できます。

Pre-Shot Recording

録画を押す10秒前にビデオバッファが録画を開始するので、
ショットを逃すことはありません。

写真やビデオ

解像度などのオプションが付いたボタンをタップするだけで、
写真やビデオを簡単に切り替えることができます。

カメラモード

パノラマ、バースト、タイムラプスなどを含む
あらかじめプログラムされた設定に切り替えが可能です。

世界最小
TWO-Axis Gimbal搭載

モーターを安定させ、揺れをなくすために
マイクロモーターを使用した世界初のジンバル。

カメラ角度の調整

アプリまたはリモコンを使用してカメラの角度を調整できます。

自動調整

飛行角度が速度から変化したり回転したりすると、
カメラをまっすぐに保つために自動的に傾斜/回転します。

大幅なコスト削減

私たちの革新的なジンバルデザインは高価な
ブラシレスモーターとスピードコントローラーの
必要性をなくすことでドローンのコストを
大きく削減することに成功しました。

高度な制御

ジンバルピッチ速度、ロール/ピッチ、ロック位置をカスタマイズして、
より印象的なビデオに微調整できます。

安定したダンパー

ラバーマウントは振動を取り除きます。

その他の機能 OTHER

スマートフォンまたはハンドセットによる操縦

Micro Drone 4.0をアプリの仮想ジョイスティックで簡単に操縦したり、
外部のリモートコントローラー(アクセサリーアップグレード)と
組み合わせることでさらに遠くまで飛距離を伸ばすことが可能です。

スマートフォンでのコントロール

スマートに、簡単に、正確にiOS / Androidスマートフォンアプリは、
最新のパイロットインターフェースを備え、あらゆるスキルレベルの
ユーザーが簡単に使用できるようにする機能が強化されています。

フライトボタン

フライトパフォーマンスの調整、パイロット設定、
フライトモードの開始など、使い勝手の良い
インターフェースですべてを簡単に調整できます。

スナップ・ジョイスティック

バーチャルコントロールは固定位置なしで指先で
タップすることができ、指先に自動的にスナップ
して操縦の煩わしさを解消します。

アップグレード可能なファームウェア

アプリは継続的にUPDATEされています。
今後も機能強化のためにUPDATEを行う予定です。

VRゴーグルに対応

プロフェッショナル
リモートコントロール(別売)

Micro Drone 4.0のオプションのRemote Controllerは、
さらに飛んでスティックを使って楽しむ人のために
設計されています。

距離の拡張

送信機と受信機を備えた長距離アンテナにより、
最大200mまで飛距離を伸ばすことが可能です。

コントロール精度の向上

ゲームコントローラスタイルで、
より正確な操縦と可動域の拡大が可能です。

カスタムキャリブレーション

コントローラーの設定・方向
プログラムクイックアクセスボタンをカスタマイズできます。

VRゴーグルに対応

技術仕様 SPECIFICATION

Micro Drone 4.0は、高価で高性能なドローンと安価で品質の低いドローンという
2つのカテゴリーの橋渡しする、まったく新しいDroneです。
手頃な価格とドローンの楽しさとプロレベルドローンが持つ高度な機能を、
全て一緒にしてあなたの手に届けます。

  • ドローンデザイン 手のひらサイズ:縦横それぞれ120mm 、厚さ40mm、重さ115g、
    レジン/カーボンコンポジット素材からなるボディーと25g小型バッテリー。
  • 自動ホバリング IMU、ジャイロ/加速度計、気圧センサー、下向きオプティカルフローカメラ、
    Neurala AIトラッキングクアルコムベースの
    マイクロプロセッサクアルコムベースのデュアルワイヤレスアンテナ
  • 電池性能 1200mAhの容量を持つ2セル7.4V高性能Li-Poバッテリーは重さ26g。
    Micro USBポートによる45分の充電によって最大12分の飛行を可能にします。
  • カメラの仕様 不安定な揺れをなくすために、ソニー製センサーと
    2軸のメカニカルジンバルを備え、110度の視野角を持った1080p、
    500万画素、30FPSの写真またはビデオを撮影できるフルHDカメラ搭載。
  • バッテリーの設計 脱着式なので予備用のバッテリーを用意することで
    継続してフライトさせることができます。
Technical Specs

他機種との比較 COMPARISON

MICRO DRONE 4.0と他機種との比較
Micro Drone 4.0は、プロフェッショナルレベルの技術をもつ、世界最小・インテリジェントDroneです。

Technical Specs

サイズ比較 SIZE

Technical Specs

安全性に係る
機能

特に室内で飛行するときに、Micro Droneが人や物を傷つけないようにするため、
プロペラは表面に接触すると直ちに停止します。

電池残量表示バーと電池残量低下警告

飛行中は電池残量が表示され、電池残量が少なくなるとMicro Droneから警告が表示されます。

フェイルセーフ機能

マイクロドローンとの接続が途絶えたとしても、衝突回避システムを使用して安全に着陸させることができます。

自動再接続

アプリとドローンの接続が切断された場合、すぐにアプリとドローンの通信を再確立します。

小型・超軽量

フライト時の音も小さく、本体の重さは115gです。(バッテリー装着時は140g)

緊急停止

無人機が弾かれたり墜落したりした場合の即時モータ​​シャットダウンによる損傷防止。

航続距離の制限により、余分な冗長性が追加され、パイロットが危険を伴わずに
飛行できるようになるために想定されていたよりも高くも遠くにも飛行しません。

これまでの製作スケジュール TIMELINE

達成したマイルストーンと今後の目標
Micro Drone 4.0

私は、2011年にMicro Drone1.0を開発し、
2年ごとに新モデルを開発してきました。
それぞれのモデルで独自の機能を開発してきました。
過去18ヶ月間、私達のチームは、一から新技術を開発してきました。
そして今回、Indiegogoを通じて、新たなドローンの可能性を広げる
革新的な製品をご紹介することができたことを嬉しく思います。

制作チームのご紹介 PRODUCTION TEAM

私たちがマイクロドローンに取り組み始めたとき、
私たちの使命は誰でも飛べる小さな先進的な個人用ドローンを作ることでした。
パイロットとドローンの熱狂的なファンである創設者のVernon Kerswellは、
ユーザーのニーズに基づいて画期的な新しいドローンを構築するために発明者、デザイナー、
エンジニアのチームを集めました。

PRODUCT TEAM
  • Vernon Kerswell
  • イーサン周Kerswell
  • Jason Chow
  • Avtar Brar
  • Joshua Bullen
  • Chris Burgin
  • スコットスティーブンソン

FAQ QUESTION & ANSWER

自動ホバリングは安定していますか?

とても安定しています。
オプティカルフロー用のカメラ、高度保持用の圧力センサー、
スムーズなビデオ用のメカニカルジンバルを備え、
高品質な映像の撮影が可能になりました。

Micro Drone 4.0は何に使用できますか?

この新しいモデルの主な特徴は、HDカメラとホバリング能力です。高品質、滑らかで安定した映像の撮影が可能です。 (最大約150mの範囲)

MicroDrone4.0はどの程度風の影響をうけますか?

私たちはドローンをかなり風の強い環境で飛ばしました。
12-15mph(20-28kph)の環境下でセルフホバリングします。
もちろん、微風が理想的な条件になります。

Micro Droneはインターネットがなくても機能しますか?

はい、ドローンはスマートフォンへのストリーミング用に
独自のWiFiネットワークを作成します。
ライブストリーミングでは、携帯電話の4G / LTEネットワークを
使用します。

Micro Drone 4.0はiPhoneとAndroid対応ですか?

新しいMicro Drone 4.0アプリは
iOSのAndroid端末用に設計されています。

アプリで電池残量は確認できますか?

アプリのホーム画面では、あなたのドローンの
リアルタイムのバッテリー使用量を確認できます。
これにより、フライトの利用可能時間をリアルタイムで確認できます。

MicroDrone 4.0

クラウドファンディング「makuake(マクアケ)」で
予約販売を実施しています!

メールで知らせてもらう

日本でのクラウドファンディング開始前に、連絡がほしい方、
また今後MicroDrone4.0に関するお得な情報が欲しい方は
以下にお名前とメールアドレスを記入して送信してください。

お名前
メールアドレス
お問合せ内容

microdrone4.0は、5月中にクラウドファンディングサイトで先行予約販売を実施する予定です。
メールアドレスをご登録頂いた皆さまには、クラウドファンディングに関する情報や、一般販売時に割引でご購入できるクーポン等を適宜配信させていただきますので、ぜひご登録をお願いいたします。